紫外線ダメージから肌を守るには日焼け止め

格安ホテルはかな > 紫外線対策 > 紫外線ダメージから肌を守るには日焼け止め

紫外線ダメージから肌を守るには日焼け止め

現在、紫外線対策として様々な化粧品が市販されています。ですが、一度浴びてしまった紫外線は確実に肌に吸収され、紫外線を浴びる前の状態に戻すことは不可能です。もちろん、シミを予防する美白化粧品を使えばシミを出来にくくすることは可能ですが、その前に大事なのは「紫外線を肌に吸収させない」ことです。紫外線は、どんな天気に関わらず常に降り注いでいます。晴れているときだけ日焼け止めクリームを塗る方は多いと思いますが、曇っていても雨のときにも肌にダメージを与え続けています。ですので、日焼け止めクリームは毎日欠かさずつけてください。

日焼け止めクリームにはたいてい裏面に「SPF」と「PA」という2つが表示されています。「SPF」は、紫外線が肌に吸収されるまでの時間をどこまで延ばせるか、というのを数値にしているものです。ですが、SPF数値が高いものはそれなりに肌への負担も掛けるので、用途によって使い分けることが大事です。普段の家事(洗濯物を干すなど)や近所へのお出かけ程度にはSPF15-20くらい、そして長時間のレジャー(海や山など)はSPF30以上がおすすめです。
もしシミが出来てしまったらハイドロキノン化粧品が効果的です。
http://www.beehivehead.com/page1.html


そして「PA」というのは、「紫外線が肌に吸収され、肌の細胞レベルにまで影響を及ぼすのを防ぐ力」です。たいてい「+」で表示されていますが、「++」より「+++」の方がダメージを防ぐ力が大きいので、ですので普段使う日焼け止めクリームは、むしろ「SPF」よりも「PA」を重視した方が良いかと思います。状況によって日焼け止めクリームの種類を臨機応変に使い分け、紫外線ダメージから肌を守りましょう。